外反母趾治療の症例①

2018年09月14日

みちた整骨院で外反母趾の治療をしている方についてです。

長年、外反母趾の痛みに悩まされ、

医者に行っても手術しかないと言われ、

諦めていたところに当院を見つけて来院されました。

まずは、初めて来院した時の足の写真です。

001(2)

右足 第1趾側角度 45.6度

左足 第1趾側角度 26.8度

症状:右足の第1趾が第2趾の上に乗っているところが当たって痛い。

マメやタコ、魚の目が出来て痛い。

1週間に1度の施術。6回目の来院時の写真です。

IMG_0040(2)

本人曰く、「親指が乗って痛かったのが、少しずつ乗らなくなったおかげで、当たって痛かったのが楽になった。」

5回の治療で第1趾が第2趾に乗り上げていたのが、改善されました。

右の第2趾にあるタコが第1趾が乗って当たっていたところです。

外反母趾治療は、

1.みちた整骨院での施術(外反母趾に特化した手技テーピング

2.ホームケア(ご自宅で出来るセルフケアを指導します)

3.オーダーインソール(3D足型測定器にて計測したデータを元に制作を依頼します)

の3本柱で外反母趾にお悩みの方の症状改善に取り組んでおります。

外反母趾の痛みでお困りの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

インソールの作成できます!

2018年09月14日

みちた整骨院では、外反母趾や足の痛みでお悩みの方を対象に

靴の中に入れるインソール作成の注文を受け付けております。

インソール作成の手順

1、靴をご持参して頂きます。

2、足の写真を撮ります。(正面、横、後ろ、足裏)

3、3Dの足型測定器で足型を測定します。

IMG_2787

 

4、インソールの素材を選びます。

 

IMG_2747

 

以上です。

今までの足型測定器は足の幅や長さなどしか測定できませんでした。

3Dのおかげで足の幅だけでなくアーチや足の甲の高さ、足囲まで

立体的に測定できるようになりました。

 

立体的に測定しているため、

ご持参していただいた靴に足の裏だけではなく、高さもあわせられるようになり、

より足にぴったりと合ったインソールを製作できるようになりました。

インソール素材

表面素材と裏素材をお選び頂けます。

~表面素材~

マルチフォーム・・・やわらかいクッション性でスポーツに向いています

スウェード  ・・・優れた吸水性で耐久性があります。

鹿の子    ・・・通気性がよく、さらりとした風合です。

~裏素材~

SOFT   ・・・一般生活向け

NORMAL ・・・スポーツ向け

HARD   ・・・スポーツ、体重やパワーのある人向け

ご自身の生活に合ったインソール素材を使うことができます!

 

インソール制作例

インソールが完成し、そのインソールが入った靴をお渡しするときに、

制作内容の書類もお渡しいたします。

 

インソール大場瑞穂 003

~記載内容~

症状 右足 アキレス腱付近の疼痛

調整ポイント

・両足

4,5趾が全く使えていない

力が入ると指が曲がる

・偏平足

左足 無荷重時 17.5・荷重時7.2

右足 無荷重時 13.3・荷重時12  →両足 載距突起~舟状骨をベースに15mmで設定

・踵が安定しない

症状:踵が安定しないので、踵回りが広がっている。

シワの入り方を見るとうまく蹴り出しが出来ていない。

Sizeと厚みを変えて、少し引っ張る感じにする事で踵部分の力が逃げないようにした。

外アーチは、靴形状に合わせず少したて気味にした。

と書かれています。

 

当院でお撮りした写真や足の特徴、

靴のビフォーアフター、制作で配慮した点等々

作成に関して詳しい情報が記載されています。

 

外反母趾の方や足に痛みのある方は当院で行う施術はもちろんですが

日常生活の歩行も変えていく必要があります。

ですが、不安定な足裏のまま正しい歩き方を意識しても

意識だけでは正しい歩行をするのは難しいです。

足裏のバランスを整えてこそ、正しい歩行が自然と促されます。

その正しい足裏と歩行のバランスをインソールでサポートします。

 

外反母趾の方、足に痛みがある方、

インソール作成にご興味のある方は

相模原市みちた整骨院までお気軽にご相談ください。

 

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

足の裏にある3つのアーチ

2018年09月13日

足の裏にあるアーチって知っていますか?

ほとんどの方が「土踏まず」を想像すると思いますが、いかがですか?

 

はい。

正解です。土踏まずは足の裏のアーチの一つです。

 

では、土踏まず以外にもアーチがあるのはご存知でしょうか?

じつは、足の裏には土踏まず以外にもアーチがあります!

しかも、足の裏のアーチは3本もあるのです

 

足裏にある3本のアーチ

1.内側縦アーチ(ないそくたてあーち)

2.外側縦アーチ(がいそくたてあーち)

3.横アーチ(よこあーち)

 

 

LWsx6EtBdkWbQOA1484973022_1484978240

 

アーチの役割

・身体支持(身体を支える、安定させる)

・衝撃吸収

・推進力

 

立っている時に地面に接しているのは足の裏だけです。

その足の裏にアーチがある事で、身体を安定して支えることが出来るのです。

また、歩くときに前に進むための推進力衝撃吸収もアーチがあるおかげなのです。

これにはトラス構造とウインドラス機構というのが重要になります。

トラス構造とウインドラス機構については、また後日書きます

 

アーチが崩れると

縦アーチの土踏まずが崩れると偏平足ハイアーチになります。

横アーチが崩れると開帳足になります。

開帳足や偏平足の状態が続くと、外反母趾になってしまいます。

足の裏にある3本のアーチは非常に大切なのです

外反母趾や足の事でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

外反母趾の原因は「開帳足」

2018年09月13日

外反母趾の原因の一つに開帳足(かいちょうそく)があると考えられます。

開帳足?

聞いたことありますか?

開帳足とは?

足の裏には3つのアーチがあります。

アーチについては こちら

3つのアーチの1つである横アーチが低下して、

足部の幅が広がった状態の足の事を開帳足と呼びます。

xdRqcF1hxv4YH2c1490578540_1490578903

外反母趾の原因

外反母趾の原因は、ハイヒールなどの先が細い靴を履いていることだと考えている方が多いでしょう。

しかし、ハイヒールを履かない男性や子供でも外反母趾になることを考えると、

ハイヒールだけが原因とは考えにくいです。

私が考える原因は、歩き方にあると考えています。

外反母趾の方の歩き方を見ていると足の指先まで体重をかけず、

足首も使えていない、ペンギンのようなペタペタとい歩き方をしています。

ペタペタという歩き方をしていると足の指がうまく使えなくなります。

足の指をうまく使っていないと、指が上がる指上げ足になり、横アーチが低下した開帳足になります。

偏平足だと外反母趾になりやすいと思っている方も多いですが、

外反母趾でも偏平足でない方の足をたくさん診てきました。

偏平足だから外反母趾になるというのは当てはまらないと私は考えています。

外反母趾の治療

みちた整骨院での外反母趾の治療は、

1.当院の施術(外反母趾専用施術+テーピング

2.履き物(室内履き、外履き、インソール)

3.ホームケア(自宅で出来る外反母趾に対するケア)

の3本柱で外反母趾の改善に取り組んでおります。

 

テーピングやサポーターだけでは改善できません。

インソールだけでも改善できません。

トータルでケアすることで外反母趾は変わっていくのです。

 

外反母趾でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

足の小指が痛いのは「内反小趾」

2018年09月13日

内反小趾」という言葉は聞いたことがありますか?

外反母趾は聞いたことがあるけど、内反小趾は聞いたことがないという方はおおいですね

内反とは、内側(親指側)に反る事。

小趾とは、足の小指の事です。

つまり、足の小指が内側(親指側)に変形してしまった状態を言います。

内反小趾は、外反母趾が小指に起きてしまったと考えると分かりやすいかもしれませんね。

内反小趾の写真

この方は右足が内反小趾です。

内反小趾 ②

この方は両足とも内反小趾です。

この方の内反小趾は内側に変形しているのと、

爪が外を向いてしまっているので、ねじれも生じています。

内反小趾 ①

内反小趾は外反母趾と合わせて症状が出る場合もあれば、

内反小趾だけが痛くて辛いとおっしゃる方もいます。

内反小趾の原因

内反小趾も外反母趾と同様にハイヒールなどの履き物が原因の一つと考えられます。

ただし、そんなにヒールは履かないとおっしゃる方でも内反小趾になっている方をたくさん診ますので、履物が一番の原因とは考えにくいです。

やはり一番の原因は歩き方を含めた、足の使い方にあると私は考えております。

足の使い方に問題があるため、内反小趾になる方は外反母趾の方と同様に、指上げ足(浮き指)開帳足になっている場合がほとんどです。

内反小趾の治療

治療する内容は、足の形や状態によって変わってきますが、痛みの出ている指先だけでなく、足首を含めた足全体を治療、施術していきます。

手技療法と合わせてテーピング治療も行っております。

神奈川県内で数少ない3D足型計測器でのデータを元にインソールの注文もできます。

足の症状にお悩みの方に効果的な室内履きの販売も致しております。

みちた整骨院の内反小趾の治療方針

1.当院の施術(専用施術+テーピング

2.履き物インソール+室内履き)

3.ホームケア(ご自宅で出来るケア方法)

この3つを柱にトータルで内反小趾の改善に取り組んでおります。

内反小趾でお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

外反母趾の原因は指上げ足(浮き指)

2018年09月12日

外反母趾でお悩みの方は非常に多いですよね?

そもそも外反母趾って、どうしてなるんでしょうね?

ハイヒールなどの先が細いクツで圧迫されることが一番の原因

だと思われている方がほとんどではないでしょうか?

確かに圧迫されて外反母趾になる場合もあります。

しかし実際は、男性や子供などハイヒールを履かないも人も外反母趾になりますので、

ハイヒールによる圧迫が外反母趾の原因だとすると説明が付きません。

私は、外反母趾になる原因の多くは歩き方にあると考えております。

歩き方が悪いと、指上げ足開帳足になります。

外反母趾の足を診ると、ほとんどが指上げ足開帳足になっています。

そのため、外反母趾になる原因に歩き方が非常に関与していると考えられます。

それでは今回は指上げ足についてですが、

指上げ足ってそもそも聞いたことありますか?

指上げ足とは?

指上げ足は、浮き指とも呼ばれております。

yubiageasi

指上げ足(浮き指)とは、その名前の通りで、

上の写真でもわかると思いますが、

足の指が上にあがった状態の足の事を言います。

どうして指上げ足になるの?

1.足のうらの刺激不足

クツや靴下を履く生活になり、道路も舗装されたため、

足のうらが直接刺激される機会が激減しました。

足のうらが刺激されると足底筋群(足のうらの筋肉)が鍛えられて踏ん張る力がついていました。

刺激されることが少なくなると、踏ん張る力が弱くなり、指が上に挙がってしまいます。

2.履物

サイズの合わない大きめの靴やサンダル、パンプスなどを履いていると、

足の指で履物を固定するために指を挙げてしまうのです。

こういった履物を履いていると、指を挙げて歩くことを身につけてしまうのです。

外反母趾の方に多い歩き方

外反母趾の方は、足の指に体重をかけないペタペタという感じで歩く人が多いです。

外反母趾の方のほとんどが指上げ足になっておりますので、

足の指を上手に使えません。

足指をうまく使えないために踏ん張れず、ペタペタ歩きになってしまいます。

みちた整骨院では、外反母趾の治療として、

外反母趾オリジナル手技療法テーピング治療を合わせて行っております。

歩き方や自宅で出来る指上げ足改善トレーニングなどの指導もしっかり行います。

また、みちた整骨院には3D足型測定器がありますので、

足部を測定し、足の構造に合わせたオーダーメイドのインソールの発注・販売もいたしております。

外反母趾でお悩みの方は、ぜひ一度当院までお気軽にご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

外反母趾のテーピング治療について

2018年09月11日

外反母趾の治療法のテーピング治療についてです。

外反母趾の治療を行う上で、テーピング治療は欠かせない治療法の1つです。

テーピングを行う主な目的は「足の形やバランスを整える」ことです。

また、外反母趾に多い指上げ足(浮き指)開帳足偏平足などにも効果があります。

テープを貼り、足の形やバランスを整えることで、

失われてしまった足の安定性運動性免震性といった機能を回復させ、

歩くときに踏ん張りが利くようになるのです。

外反母趾になる大きな原因として、歩き方が関係していると以前ブログに書きましたが、

その歩き方を改善するのに、テーピングは非常に役立ちます。

テーピングをする前とテーピングをした後の写真です。

gaihanbosi te-pingu1

gaiahnbosi te-pingu

親指と人差し指を見ていただけるとわかりやすいと思います。

テーピング前は親指が人差し指に乗り、人差し指は親指に押されるように外側を向いています。

テーピング後は、親指は人差し指に乗らず、人差し指も真っ直ぐ向いています。

みちた整骨院では、このテーピング療法と合わせて、

外反母趾オリジナル手技を施術しております。

家で出来る簡単なトレーニングや歩き方の指導もしております。

3D足型測定器を用いて、足の形にあわせたオリジナルのインソールを注文・販売いたしております。

外反母趾でお悩みの方は、ぜひ一度みちた整骨院までご相談ください。

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!

相模原市中央区の「みちた整骨院」の口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_7138053/


住所  神奈川県相模原市中央区相模原5-9-1安平ビル102
電話番号 042-704-8557
受付時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00〜19:30(土曜、祝日は14:00~17:00)
ムチウチ・交通事故治療の方は平日21:00まで受付しております!
休診日 日曜日

提携駐車場も「みちた整骨院」近くのコインパーキング4か所と提携中!

外反母趾について

2018年09月11日

外反母趾でお困りの方って、すごく多いですよね。

痛くて困っているのに、

外反母趾は痛いものだからと諦めて治療をしていない方が

すごく多いような気がします。

そもそも外反母趾って何?

外反母趾

外反とは、外側に反る事で、母趾とは足の親指の事です。

つまり、外反母趾とは親指が外側(人差し指側)に曲がった状態の事を言います。

sagamihara gaihannbosi

外反母趾は外反母趾角が15度以上になると外反母趾と診断されます。

外反母趾角はレントゲンを撮らないと正確な角度は測れませんので、

下の写真にある第1趾測角度を使うことが多いです。

1.踵の内側から親指の付け根を結ぶ直線

2.親指の付け根から親指の内側を結ぶ線

3.第1趾測角度

gaihannbosi kakudo

外反母趾の原因

外反母趾になる原因は、指上げ足の状態になってしまう事が初めに考えられます。

指上げ足とは浮き指とも言ったりしますが、

指が上がってしまい、地面に接地していない・踏ん張っていない状態の足の事です。

指上げ足に加え、偏平足(縦アーチの低下)や開帳足(横アーチの低下)がみられると、

外反母趾になっていってしまいます。

外反母趾の治療

原因となる指上げ足、開帳足、偏平足など外反母趾の症状やタイプによって治療方法は異なります。

原因となっているのが、

筋肉の緊張ならその筋肉を緩め、筋力低下しているのなら筋肉を刺激したり、関節が固まってしまっているのなら動かしたりと様々な手技を行います。

手技と合わせて、変形の度合いに合わせたテーピング療法も行っております。

また、当院では足部を3Dで測定し、足の構造に合わせたオーダーメイドのインソールの販売もいたしております。

みちた整骨院の外反母趾治療は、

1.当院の施術(外反母趾専用施術+テーピング

2.履き物(室内履き、外履き、インソール

3.ホームケア(自宅で出来る外反母趾に対するケア)

の3本柱で外反母趾の改善に取り組んでおります。

外反母趾は痛いものだからと諦めずに、お気軽にご相談ください。

外反母趾関連のブログ

外反母趾の原因|指上げ足(浮き指)

外反母趾の原因|開帳足

外反母趾の治療|テーピング

足の裏のアーチについて

インソール作成できます!

外反母趾治療の症例

小指が痛いのは「内反小趾」

インソール制作現場に行ってきました!

外反母趾・内反小趾でお困り、お悩みの方は、

相模原市で唯一の距骨調整®が受けられる

「みちた整骨院」へお気軽にご相談、お問合せ下さい!