ハイボルテージ治療(Hi-Voltage)

  • ギックリ腰や寝違えで動くのも痛い方
  • スポーツで怪我をして早く競技復帰したい方
  • 交通事故に合い、首や腰が辛い方
  • 日々の日常生活で身体が辛い方
  • 整形外科でレントゲンでは異常なしと言われたが痛い方

相模原みちた整骨院のハイボルテージ(Hi-Voltage)治療

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療とは

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療とは高圧の電流を用いた非常に鎮痛効果の高い電気治療法です。
瞬間的に最大150Vの電圧で通電できることで、身体の奥深くにある痛みの元まで電気が届く事で、痛みを緩和できる治療方法です。

相模原みちた整骨院では疼痛や症状に応じてハイボルテージ(Hi-Voltage)治療器を用いた治療を実施しております。従来の電気治療と比べて短期間で痛みを軽減できることから、確実な効果が要求されるトップアスリートも取り入れている治療方法です。

干渉波治療器や低周波治療器とハイボルテージ治療器との違い

ハイボルテージ治療器は名前の通り高電圧の電気を瞬時に流すことで、痛みの原因であるお身体の深部組織にまでアプローチできる治療機器です。

今までの電気治療で使われていた低周波治療器や干渉波治療器に比べて、はるかに強い高電圧の電気刺激ができる治療機器です。

高電圧の電気というのは、一般的な低周波治療器が普通のホースから水が出ている状態に対して、ハイボルテージ治療器はホースの口をすぼめた状態、つまり水の勢いが強くなった状態です。

高電圧の電気を流すことが出来るハイボルテージ治療器は、低周波治療器や干渉波治療器ではアプローチできなかったお身体の奥にある疼痛にもアプローチができるのです。そのためハイボルテージ治療器は鎮痛・除痛効果が高いのです。

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療の特徴

早期の疼痛緩和

ハイボルテージはその名の通り、高電圧の電療治療になります。

通常の低周波は蛇口から水が出ている状態だとすると、高電圧のハイボルテージというのは、ホースの先を細くした時のような水の勢いが強く出ている状態です。そのため深部にまで電気刺激が到達することが出来、疼痛緩和を早期に臨むことが出来るのです。

神経の興奮を抑える

痛みの出ている部位だけにハイボルテージを流すのではなく、神経の走行に沿ってハイボルテージを流すことが出来ます。神経の走行に沿ってハイボルテージを流すことで神経の興奮を迅速に抑え、痛みを素早く抑えることが出来るようになりました。

例えば坐骨神経痛の場合、痛みの原因は痛みの出ている部位でなく腰やその周辺の神経が原因のことがよくあります。

ハイボルテージ治療器は超音波治療と同時に使用が可能

相模原みちた整骨院のハイボルテージ治療器は、ハイボルテージと同時に超音波を同時に流すことが出来るのです。ハイボルテージで痛みの早期緩和を図りながら、超音波で損傷した筋肉や靭帯の修復を促すことができます。

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療が効果的な症状

腰痛(ぎっくり腰)(坐骨神経痛)(腰部脊柱管狭窄症)

・朝起きたら腰が痛い ・顔洗う体勢で腰が痛い ・靴下履く時に腰が痛い ・腰から脚が痺れる ・歩いたり、座ってても腰からお尻が痛くなる

 

首痛寝違え)(むち打ち

・左右に首が回らない ・上下に首が向けない ・慢性的な肩こり ・頭痛がある ・腕から指先が痺れる

 

肩痛四十肩、五十肩)(腱板損傷)

・肩をあげると痛い ・就寝時に肩が痛い ・肩をあげている途中に痛い ・肩を下ろす途中に痛い ・肩をあげている時や下げている途中に痛みがありその後は痛みなくあがる

 

肘痛(テニス肘)(ゴルフ肘)

・肘の外側が痛い 肘の内側が痛い ・パソコンでマウスを使うと痛い ・物を持つと痛い

 

膝痛(腸脛靱帯炎)(ジャンパー膝、膝蓋腱炎)(鵞足炎

・膝の外側が痛い ・ジャンプしたり走ったりすると膝の下が痛い ・膝の内側が痛い

・階段の昇り降りが痛い ・膝の曲げ伸ばしが痛い

 

その他の症状

・アキレス腱炎 ・シンスプリント ・足底腱膜炎 ・肉離れ ・捻挫

などなど、ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療は鎮痛・除痛効果の高い電気治療器であるため、疼痛が強い症状が適応になります。

 

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療に関するQ&A

ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療と聞いてもどんな治療なのか想像出来ないかと。

そこでよくある質問をお答えしたいと思います。

 

Q.みちた整骨院のハイボルテージ(Hi-Voltage)治療はどのような症状に有効ですか?

捻挫、ギックリ腰、、寝違え、打撲、などの急性症状や四十肩、五十肩、スポーツ外傷、肉離れ治療後のしこりまでで様々な症状に対応でき迅速に痛みを抑えることが見込めます。 

 

Q.電気の刺激は強い方が効果的ですか?

ハイボルテージ治療の場合、電気の刺激は強い方がより効果的ですが患者様のお身体の症状を診て、一人一人に合わせて調整しますのでご安心下さい。

 

Q.ハイボルテージ(Hi-Voltage)治療を受けられない場合はありますか?

 妊娠中、心臓疾患、悪性腫瘍や感染症の患者様はご遠慮頂いております。

 

Q.全ての患者様にハイボルテージ(Hi-Voltage)治療を行いますか?

いいえ。全ての患者様には行ってはおりません。

患者様の一人一人に合った最適の治療を致しますので、ご来院して頂いた患者様のお身体の状態を診て判断いたします。