鵞足炎

  • ジョギングの練習中や練習後に膝の内側が痛い
  • X脚の傾向がある
  • 平泳ぎすると膝が痛い
  • 偏平足ぎみである
  • 靴の内側が減りやすい

鵞足炎について|相模原市みちた整骨院

鵞足とはスネの骨である脛骨の内側(膝の内側)にある部分を言います。

鵞足とは3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)が付くのが、鳥の足、特にガチョウの足に例えられた事から、鵞足と名付けられました。鵞足とはガチョウの足のという意味です。

縫工筋は太ももの前側に筋肉、薄筋は太ももの内側の筋肉、半腱様筋は太ももの後側の筋肉です。つまり、鵞足部に着く3つの筋肉は太ももの前側、内側、後側から付着する筋肉なのです。

このことから、鵞足炎は、足をよく使うスポーツで発症してしまう事が多いです。

鵞足炎が特に多いスポーツは走る事が多いスポーツです。

マラソンやランニング、その他にもサッカーやバスケットボールなどです。

また、水泳の平泳ぎでも鵞足炎になってしまう場合もあります。

膝を曲げ伸ばしする動作で、鵞足部に付着する3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)が負担がかかったり、擦れたりする事で腫れや熱感を伴う炎症症状が起きてしまい、痛みが出ます。

鵞足炎になる原因|相模原市みちた整骨院

鵞足炎になる原因は上記に書いた3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)に負担がかかる事ですが、その根本的な原因は普段の足の使い方によるものが大きくあります。

スポーツをする方に多いと書きましたが、スポーツを全くしない主婦の方などでも鵞足炎になる事はあります。

その理由とは、鵞足炎になる3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)は骨盤から股関節、膝関節を跨いで、脛骨に付着しているのです。その各関節の動きなどに異常があると筋肉に負担がかかってしまい、痛みにつながるのです。

歩いたり、走ったりするときに、体重や重心が内側に寄ると鵞足炎になりやすいと言われています。

これらに共通することが、X脚の傾向にあるという事です。

鵞足炎の治療|相模原市みちた整骨院

相模原市みちた整骨院では、鵞足炎に関係している3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)を治療するのはもちろんの事、なぜ負担が掛かってしまったのか関節の可動性や柔軟性、身体全体のバランスなど徒手検査を用いて、お身体の状態を把握して根本的な治療を行います。

例えば、鵞足炎になりやすい人はX脚の傾向にあると書きました。X脚の傾向とは、骨盤の歪みがあり、股関節から下肢は内旋方向へ捻れ、膝関節は内側に変位した状態と言えます。

それにより、お尻の筋肉(殿筋)の筋力は低下し、股関節の深層筋(腸腰筋)の柔軟性は低下するなど、様々な筋肉や関節のバランスが崩れることでX脚になり、鵞足炎へと症状が出るのです。

そのようなお身体の歪み、ねじれ、関節の柔軟性や奥にある筋肉(深層筋)までアプローチをして骨盤、骨格を調整することで痛みを繰り返さないお身体を作っていきます!

相模原市みちた整骨院の施術方法について詳しくは下記のバナーよりご確認ください!

患者様の声|相模原市みちた整骨院

  • 産後骨盤 鵞足炎 町田市 30代 女性

    産後のゆがみを直そうと思っていた矢先に鵞足炎で膝を痛め
    インターネットでこちらを見つけてすぐに予約しました。
    初めてで緊張しましたが、丁寧な問診とわかりやすい説明
    そして施術もしっかりしてもらい、
    リラックスして最後まで受ける事が出来ました。
    身体のあちこちがガタがきてるので
    しばらくは通わせてもらうつもりです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 相模原市南区 20代 男性 鳶足炎

    慢性的な鳶足炎に苦しんでいましたが、施術を受ける度に良くなっていると実感出来ます。
    これからも長くお世話になりそうですが、よろしくお願いします!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。