産後骨盤矯正|相模原市みちた整骨院の産後骨盤矯正

2021年03月31日

こんにちは、骨格・骨盤矯正、産後骨盤矯正をおこなっております。相模原市みちた整骨院です。

段々と暖かい日が増えてきて日中外を歩いている方の服装も少しずつ薄着になってきた気がします。

冬の間は厚着をしていてあまり気にならなかった体型も薄着になると段々と目立つようになってしまいます。

今回はそんな薄着になってから気になる体型の変化、産後太りとそれに伴う腰や股関節の痛み、そんなお悩みの解消に必要な産後骨盤矯正のお話をしていきたいと思います。

 

最近では産後骨盤矯正という言葉もメジャーになってきていて、相模原市みちた整骨院へ来院された患者様の中にも妊娠中から産後骨盤矯正を受けようと考えていたといって来院される方も多くいらっしゃいます。

そもそもなぜ産後骨盤矯正が必要なのかを説明していきます。

妊娠中お母さんの体は赤ちゃんを育て無事に出産をするためにリラキシンという女性ホルモンが出てきます。

このリラキシンの働きとして骨盤周りの関節や靭帯といったものを緩めて赤ちゃんが大きくなるスペースを作ってあげるという作用と産道を確保して出産をしやすくするといった作用があります。

しかしこのリラキシンというホルモンの影響で靭帯が緩んでしまっている状態は骨盤の開きや歪みが出てしまいやすい状態にもなってしまっています。

この骨盤の歪みが出ている状態は腰周りの筋肉への負担が増えてしまい腰や恥骨などの痛みが出やすくなっています。

また骨盤の歪みは健康上の問題以外にも美容上の問題も出てきてしまいます。

骨盤が歪んでいる状態を放置してしまうと骨盤周りのインナーマッスルである骨盤底筋や腹横筋などの筋力が伸びきってしまい内臓をささえられなくなってしまいます。

その結果ぽっこりおなかやお尻が大きくなってしまうなどの美容上の問題が出てきてしまうのです。

相模原市みちた整骨院ではこのような理由から産後骨盤矯正は必要だと考えております。

産後になって腰が痛くなってしまったり、妊娠前に履いていたズボンが履けなくなってしまった、体型の変化が気になるなどございましたら、ぜひ一度相模原市みちた整骨院の産後骨盤矯正を受けてみてください。

段々と暖かくなってきてこれからもっと薄着になってきますので、夏までに体型改善をしていきませんか?

みちた整骨院はがんばるお母さんの味方です!

 

産後骨盤矯正について詳しくはこちら

鵞足炎、距骨調整 相模原中央区 30代男性

2021年03月25日

こんにちは、鵞足炎治療も行っております、相模原みちた整骨院です。

全国的に新型コロナウィルスが流行しリモートワークや自家用車での通勤が重なり運動不足になったという方が増えてきているようです。

そんな運動不足解消のためジョギングやランニングを始めたという方に気をつけていただきたいのが鵞足炎という症状です。

今回は鵞足炎で治療を受けられた患者様から施術の感想をいただいたので御紹介させていただきます。

症状:鵞足炎、距骨調整 相模原市中央区30代男性

感想:普段からジョギングのたびに右ひざ、右腰、右足首に痛みが出ていました。

診断いただいたところ、身体の硬さと、偏平足、距骨(足首の骨)に歪みがあるとのこと。

何回か通いながら少しずつ直していただいています。

施術に加えテーピングなどのセルフメディケーションを指導いただけるのがありがたいですね。

毎日の生活習慣が変わってきています。

 

この患者様は普段からランニングをしているそうなのですが、しばらく走っていると膝の内側に痛みが出てしまうとのことで来院されました。

お話を聞くと4,5年前にも同じ痛みが出ていたがマッサージと安静をしていたら治まったのでそのまま放置をしていたとのことでした。

症状としては膝の内側に押しての痛みとランニングなどの走っているときの痛みが出ていました。

その患者様のお話と各種検査をした結果、鵞足炎であると判断しました。

身体を診てみると身体の歪みと足関節の歪みがあることがわかりました。

相模原みちた整骨院では、骨盤と足関節の歪みがあることで走る際の姿勢が悪くなり膝の内側に必要以上に負荷が掛かってしまっていることが鵞足炎になってしまった根本的な原因であると判断しました。

以前のように膝や足回りをほぐせば一時的な改善は見られると思いましたが、これからもランニングを続けたいとの要望でしたので根本的な原因である骨盤の歪みを取る骨盤矯正と足関節の歪みを整える距骨調整という施術をさせていただきました。

治療としてはまずは下半身の筋肉の緊張が強かったのでそこを遠隔で緩めるために腰周りのインナーマッスルからほぐす深層筋調整という施術をして、そこから骨盤矯正と距骨調整を施術しました。

足関節の歪みは強く距骨調整をしてもすぐに元の状態に戻ってしまうと考えたので距骨調整の効果を高めるための特殊なテーピングを施し、患者様ご自身でも出来るテーピングの張り方やセルフケアの方法をお伝えしました。

相模原みちた整骨院ではこのように鵞足炎に対し根本的な原因からアプローチしていく骨盤矯正と距骨調整を施術し素早く、そしてまた鵞足炎の痛みが再発しないように根本的な治療をしていきます。

なかなか治らない鵞足炎でお悩みの方がいましたら一度相模原みちた整骨院にご相談ください。

 

鵞足炎についてはこちら

深層筋調整・骨盤矯正についてはこちら

距骨調整についてはこちら

四十肩・五十肩とは?

2021年03月25日

四十肩・五十肩治療を行っております相模原みちた整骨院です。

最近、肩が挙げられなくなった、という事はありませんか?
肩を上の方に挙げることが出来なかったり、後ろの方に手を回すことが出来なくなった場合、四十肩五十肩の可能性が高いですね。


四十肩・五十肩の症状

肩関節の痛みだけでなく、首から上腕部まで痛みがあります。

・肩が痛くて挙がらない、または挙げにくい

・洋服を着たり脱いだりするときに肩が痛い

・夜中に肩が痛くて目が覚める

・髪の毛を結わけない

・背中や腰に手が回せない

などなど、私生活全般に支障が出てしまいます。

四十肩・五十肩は、四十代以降に起こりやすい症状ですが、三十代にも起こります。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は俗称で、正確には「肩関節周囲炎」と言います。

その名前の通り、肩関節の周囲に炎症が起こります。

原因は、まだはっきりと解明されていませんが、

肩の関節・筋肉・腱の変性、疲労、スポーツ外傷などのケガ、姿勢などにより、

関節や筋肉の柔軟性の低下が原因の一つと考えられます。

関節や筋肉の柔軟性の低下があると、

日常おこなっている動作でも関節や筋肉、腱を損傷し炎症が起こしてしまうのです。

四十肩・五十肩の治療

相模原みちた整骨院では、

四十肩・五十肩の症状に対しては、痛みが強く出ている状態のときはハイボルテージという電気治療を施しながらインナーマッスルから緩める深層筋調整や体のバランスを整える骨格・骨盤矯正などの手技療法をしていきます。

また、関節の可動域(動かせる範囲)を広げるための可動域訓練などを主に施術しております。

また、自宅で出来る体操やストレッチも指導しております。

四十肩・五十肩でお困りの方は、我慢なさらずにお気軽にご相談ください。

 

四十肩・五十肩についてはこちら

深層筋調整、骨格・骨盤矯正についてはこちら

新型コロナウィルス感染症|緊急事態宣言の解除を受けて

2021年03月23日

令和3年1月8日から11の都府県に対して発令されていた緊急事態宣言が令和3年3月21日をもって全面解除となりました。

しかし依然としてクラスターが発生している地域も多々あります。

そのため当院では緊急事態宣言解除後も以下の点に気をつけて、患者様に安心してご来院いただけるように、引き続き感染対策を行っていきます。

 

 

①予約優先性

 待ち時間を減らし、院内の人数を調整し密にならないように致します。

②拭き取り消毒の実施

 施術後のベッド、枕、施術器具、共有スペースのアルコール消毒を実施・徹底します。

③消毒用アルコールの設置

 院内にアルコール消毒液を設置します。ご来院とお帰りの際に手指消毒のご協力をお願いしております。

④空気循環の徹底

空気の入れ替えを行うため、出入り口のドアを開け放しにするなどの換気を実施しています。

⑤スタッフの衛生管理

 スタッフのマスク着用、施術前後のこまめな手指消毒の徹底等、スタッフの衛生管理をしています。

⑥スタッフの健康管理

 出勤時にすべてのスタッフの検温を実施しています。体調不良や発熱が認められるスタッフは出勤を停止するなど健康管理に努めています。

 

【患者様へのお願い】

ご来院とお帰りの際に手指消毒のご協力をお願いしております。

体調の優れない方(37.5度以上の発熱)の施術はご遠慮させて頂きます。

 

足底筋膜炎 相模原市中央区 40代男性

2021年03月16日

こんにちは、足底筋膜炎治療、距骨調整を行っております。相模原みちた整骨院です。

段々と暖かい日が出てきてこれから運動がしやすい時期になってきていますね。

寒い時期はあまり運動をされなかったかたでも徐々に運動をしようかなと考えている方も多いかと思います。

暖かくなってきたこれからがベストシーズンを迎えるスポーツで代表的なのがゴルフですね。

しかしゴルフは意外と歩くことが多いスポーツでもあります、歩くことが多くなってくると増えてくる怪我としてよく来院される症状で足底筋膜炎という怪我があります。

今回はそんな足底筋膜炎の症状で来院された患者様からありがたいご感想をいただいたので御紹介させていただきます。

 

症状:足底筋膜炎 相模原市中央区 40代男性

「歩いているだけでかかとが痛かったが、ハイボルテージを5回くらいで痛みが引いてきて、

距骨の調整でうごけるようになり、大変ありがたいと感じています。

ありがとうございました。」

 

この患者様は、ゴルフのラウンド中歩いていたら右のかかとが痛くなってみちた整骨院に来院されました。

来院当初は朝起きての一歩目でかかとの痛みが強く出てしまうとの症状を訴えていました。

触診をしてみると右のかかとに押しての痛みが出ていて、ふくらはぎの筋肉の硬さが強く出ていて、その影響から右のアキレス腱のかかとに近い箇所も押して痛みが出ていました。

痛みの左右差が大きく出ていたので体のバランスをみたところ骨盤を含めた体全体のバランスが崩れていました。

また、立った状態で足を見てみると足首が内側に傾いていて偏平足になっていました。

みちた整骨院では、ふくらはぎから足底筋筋膜の硬さと、体のバランスの悪さ、さらには足首が歪んでしまっているのが、足底筋膜炎になってしまった大きな原因だと考えましたので、その原因をつぶしていくような治療を行いました。

まずは、歩行時に出るかかとの痛みが強かったので、素早く痛みを取るためにハイボルテージという痛みを取ることに特化した特殊な電気治療をさせていただきました。

それに平行して足底筋膜への負担を減らしてあげるためにふくらはぎの筋肉の硬さをとってあげることと、骨盤の歪みから来る体のバランスの悪さをとるためにインナーマッスルから緩める深層筋調整と骨盤矯正を施術をしました。

その後数回の治療で痛みが緩和しきたのでハイボルテージ治療から足首の骨を調整する距骨調整という施術をしました。

 

このように相模原みちた整骨院では足底筋膜炎の症状を素早く取ってあげることと根本的な原因から治療をしてあげることで足底筋膜炎を再発させないようにしていきます。

ゴルフ・ランニング・ウォーキングなどの運動時や朝起きての一歩目でかかとが痛くなってしまうなどの症状がある方はもしかしたら足底筋膜炎の可能性がありますので、一度相模原みちた整骨院にご相談ください。

 

足底筋膜炎についてはこちら

深層筋調整、骨盤矯正についてはこちら

距骨調整についてはこちら

 

ギックリ腰に要注意! |相模原みちた整骨院

2021年02月25日

こんにちは、ギックリ腰治療を行っております相模原みちた整骨院です。

2月も終わりに近づきましたが、まだまだ気温が低い日がありますね、今回はそんな寒い日に注意していただきたい症状の筆頭であるギックリ腰についてのお話をしていきたいと思います。

 

患者様とお話しているとギックリ腰になったときの対処法として「温めた方がいいのか、冷やしたらいいのか分からない」という質問をよくされます。ギックリ腰の対処法を相模原みちた整骨院としての答えを説明させていただきます。

正しい対処法としては、ギックリ腰の痛みが出て3日間くらいでじっとしていても痛い痛みがある部分が熱を持っている。という症状がある場合は冷すことが正しい対処法です。

しかしギックリ腰の痛みが出て少し時間が経ちじっとしていれば痛みはあまり感じない又は痛めた場所が熱を持っていない場合は痛みが出ている部分を温めてあげることが正しい対象法です。

理由としてはじっとしていての痛みが出ていたり、熱を持っている場合は急性期と呼ばれる時期で痛みが出ている場所は炎症が起きてしまっています。この時に冷やしてあげると血管が収縮し、皮下出血や腫れを抑えくれるので、痛みの原因になる炎症物質が出るのを抑えて痛みを軽くすることができますので、急性期といわれている段階では冷してください。

しかし、ギックリ腰になり、少し時間が経ちじっとしていての痛みが落ち着いてきている場合は、痛めた周囲の筋肉や組織の血行が悪くなり柔軟性がなくなっているので、温めて血行をよくしてあげ筋肉の柔軟性を出してあげます。血行がよくなり柔軟性が出てくれば慢性的な腰痛は落ち着くことが多いです。

 

また、同じような質問でギックリ腰になったときはマッサージをしてあげたほうがいいのかいけないのか、という質問も受けます。

これも上記のように急性期であるか慢性期であるかによって変わってきます。

急性期の場合は筋肉の損傷が強く痛めた箇所をマッサージしてしまうと傷口が広がってしまうことになるので痛めた箇所はマッサージしないほうがいいです、

しかし慢性期の場合は筋肉や周りの組織が血行が悪くなり固まってしまっているので、痛めた箇所をマッサージをして血行を良くする事で筋肉の柔軟性を出してくことが効果的となっていますので、マッサージをしてあげたほうがいいです。

 

このように同じギックリ腰でも痛めてすぐの急性期と時間が経ち症状が落ち着いている慢性期で対処法が180度変わってきますのでギックリ腰になった場合は今現在のご自分の状態が急性期なのか慢性期なのかを判断してから冷すか温めるか、マッサージをするのかしないのかを判断していただければと思います。

相模原みちた整骨院では今現在の患者様のお身体の状態に合わせてハイボルテージ治療深層筋調整や骨盤矯正といった施術をしギックリ腰の症状を早期に改善し、同じ痛みが再発しないように症状の根本的な原因から治療していきます。

 

ギックリ腰についての詳しいことはこちら

深層筋調整・骨盤矯正についてはこちら

肉ばなれ 相模原市中央区 30代男性

2021年02月19日

こんにちは、肉離れ捻挫等のスポーツ外傷の施術も行っております。相模原みちた整骨院です。

皆様はスポーツをしていて肉離れや、捻挫等のケガをなさった事はありますか?

相模原みちた整骨院には、肉離れや捻挫といったスポーツ外傷でいらっしゃる患者様も多くいます。

今回はハムストリングス(太もも裏)の肉離れで通院されていた患者様からうれしいお言葉を頂いたのでご紹介したいと思います。

 

 

症状:肉離れ 相模原市中央区 30代男性

「ケガをする度にお世話になっております。

超音波や骨盤矯正をしながら筋肉のケアと全身をていねいに整えながら治療していただきました。

毎回しっかりとしたケアをしていただけるので安心しています。

また、何か痛みがでた際にはお願いするつもりです。

ありがとうございました。」

 

この患者様は足を伸ばした状態で前転をした際に右ハムストリングス(太もも裏)を痛めてしまったとの事で相模原みちた整骨院にお越しいただきました。

当整骨院にいらっしゃる前にご自分でRICE処置をされていたので痛めた当初の痛みは少し落ち着いた状態でしたが、

お越しいただいた際には、右ハムストリングスに押しての痛み、伸ばしての痛み、力を入れた際にも痛みが出ていました。

今回は患部に炎症症状と肉離れの痛みが強かったのでアイシングをしながら干渉波をかけ、ハイボルテージという痛みを取ることに特化した電気をし、患部を保護するためと腫れが酷くならないようにするために包帯を巻きました。

2回目の来院までに患者様ご自身でアイシング等をしっかりとしていただいたのもあり、痛みは大分落ち着いていたので、ハイボルテージの替わりに超音波という組織の修復を早める治療器を使いました。

更には痛みによって下半身全体の筋肉が固まってしまい、体のバランスが崩れていたので、身体の深部の筋肉を緩める深層筋調整と骨格・骨盤矯正をして治療をしていきました。

その後もしっかりと身体のバランスを整えながら右ハムストリングスの肉離れを治療していき2ヶ月ほどで運動をしても痛みが出ない状態になりました。

 

この患者様のように、当院にはハムストリングスをはじめとする肉離れや足首の捻挫等のスポーツ外傷で来院される方も多くいらっしゃいます。

相模原みちた整骨院では、ハイボルテージ治療器超音波治療器をはじめとした最新の治療機器を使い、さらに肉離れなどのスポーツ外傷の原因となってしまっている根本的な原因を探し出し、そこから治療をしていきます。

肉離れ、捻挫等でお困りの方は是非一度相模原みちた整骨院へご相談ください。

 

肉離れでお悩みの方はこちら

捻挫でお悩みの方はこちら

深層筋調整、骨格・骨盤矯正についてはこちら

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の再延長を受けて

2021年01月28日

令和3年3月8日に1都3県を対象とした新型コロナウィルス感染症の拡大をうけての緊急事態宣言が再延長となりました。

今回の緊急事態宣言の再延長でも政府からは「出勤や通院、散歩など、生活や健康の維持に必要な外出・移動は除かれます。」とあるように、整骨院への通院は要請対象外となります。

相模原みちた整骨院は相模原市の地域医療を担う医療系国家資格保有者が厚生労働省及び保健所の認可を受けて施術を行っております。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を予防するために、これまでも衛生面には十分力を入れて参りましたが、以下のことをより一層徹底して行ってまいります。

①予約優先性

 待ち時間を減らし、院内の人数を調整し密にならないように致します。

②拭き取り消毒の実施

 施術後のベッド、枕、施術器具、共有スペースのアルコール消毒を実施・徹底します。

③消毒用アルコールの設置

 院内にアルコール消毒液を設置します。ご来院とお帰りの際に手指消毒のご協力をお願いしております。

④空気循環の徹底

空気の入れ替えを行うため、出入り口のドアを開け放しにするなどの換気を実施しています。

⑤スタッフの衛生管理

 スタッフのマスク着用、施術前後のこまめな手指消毒の徹底等、スタッフの衛生管理をしています。

⑥スタッフの健康管理

 出勤時にすべてのスタッフの検温を実施しています。体調不良や発熱が認められるスタッフは出勤を停止するなど健康管理に努めています。

 

【患者様へのお願い】

ご来院とお帰りの際に手指消毒のご協力をお願いしております。

体調の優れない方(37.5度以上の発熱)の施術はご遠慮させて頂きます。

ご来院時に検温を実施しています。ご協力をお願いしております。

※今後も国や行政の方針に沿って相模原の皆様に寄り添う医療従事者として、最大限の対応をさせていただきます。

一刻も早く事態が収束することを心より願っております。

不安な日々が続いておりますが、くれぐれもご自愛の上お過ごしください。

2020年 夏季休診日のお知らせ

2020年08月14日

相模原市で交通事故治療、産後骨盤矯正、外反母趾を専門に施術しているみちた整骨院です。

長梅雨がようやくあけて、暑い夏が始まりましたね。

 

相模原市みちた整骨院では、夏季休診日を設けています。

8月13日(木)から8月16日(日)まで

です。

 

8月17日(月)からは通常通り受付しております。

お身体の不調がある方は早めの施術が効果的です。お気軽にご連絡ください。

 

 

ゴールデンウィークの受付時間のお知らせ

2020年04月25日

相模原市で交通事故、外反母趾治療、骨盤矯正を行っております。相模原みちた整骨院です。

ゴールデンウィークの受付時間のお知らせです。

平日は通常通り9:00~13:00 15::~19:30

日曜日は休診

祝日と土曜日は9:00~13:00 14:00~17:00

の受付時間で診療しております。

 

新型コロナウイルス感染対策のため、スタッフの人数を調整して院内が密にならないよういたしております。

皆様にはご不便をおかけしますが、健康なお身体を維持してコロナウイルスに打ち勝ちましょう!

なお、相模原みちた整骨院では、新型コロナウイルス感染対策を強化して実施しております。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください。


1 2 3 4 5