患者様の声(坐骨神経痛 相模原市中央区50代女性)

2022年04月30日

こんにちは、相模原市で坐骨神経痛、腰痛の治療をしております。

相模原市みちた整骨院です。

今回は坐骨神経痛の治療で通院されていた患者様から治療を受けての感想を頂いたので同じように坐骨神経痛で悩んでいる方の参考になるかと思い、紹介させていただきます。

症状:坐骨神経痛

相模原市中央区 50代女性

ご感想:

足のしびれや痛さで、歩くのもつらかったですが

ストレッチを教えていただいたり、施術をしていただき、普通に歩ける様になり、本当に助かりました。

心から感謝しております。

ありがとうございました。

 

この患者様は、左のおしりから左の太ももにかけての痛みと、左足の母趾にしびれが出ている状態でご来院されました。

初回の来院時には腰を後ろに反る動きで痛みが強く出てしまい、ベッドにうつ伏せになることも困難な状態でした。

また、歩行時に左の太ももの後ろ側に痛みが出てしまい歩く姿も足を引きずるような歩き方でした。

当院では上記の症状と問診検査の結果、坐骨神経痛の症状が出ていると判断し治療をしました。

通常はうつ伏せで電気治療や手技療法を行っていくのですが、この患者様はうつ伏せが困難でしたので横向きで施術を行いました。

坐骨神経痛による痛みと痺れが強く出ていたのでまずは、その症状を素早く取っていくためにハイボルテージという電気治療を施しました。

このハイボルテージという電気治療器は治療院に置いてある一般的な低周波治療器よりも高電圧での電気刺激が可能な治療器で、痛みやしびれの原因となっているより深い筋肉や神経に直接治療できる電気治療器です。

さらに、坐骨神経痛によって体の歪みが出ており、それの歪みによってインナーマッスルの硬さが引き起こされていたので骨盤矯正とインナーマッスルの硬さをとっていく深層筋調整という施術を行い坐骨神経痛の症状緩和を図りました。

その治療を行った結果、インナーマッスルの硬さや腰から足にかけての痛みといった坐骨神経痛の症状が取れましたので卒業という形になりました。

 

この患者様のようにみちた整骨院には坐骨神経痛で悩まれて通院されている患者様が多くいらしています。

一口に坐骨神経痛と言ってもその原因は様々あります。

腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症梨状筋症候群などの原因が主に挙げられますが、当院では今ある坐骨神経痛の症状の原因がどこにあるのかをしっかりと検査をし、その原因から治療を施していきます。

長年坐骨神経痛に悩んでいる、整形外科にいっても治らなったなど、坐骨神経痛でお悩みの方は是非一度相模原市みちた整骨院にご相談ください。

 

坐骨神経痛についてはこちら

深層筋調整、骨盤矯正についてはこちら

ハイボルテージ治療についてはこちら

ゴールデンウィークの診療時間のお知らせ

2022年04月15日

こんにちは、相模原市で外反母趾治療、産後骨盤矯正、交通事故治療を行っております。
相模原市みちた整骨院です。

世間では4月の末から5月の初めはゴールデンウィークとなり連休となっている方が多いと思います。特に今年は最大10連休という超大型連休という方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

相模原市みちた整骨院の休診日は日曜日のみで、ゴールデンウィーク中の祝日も診療をしております。

土曜日と祝日の受付時間は平日とは違いますのでご注意ください。

詳しい診療時間は下記のとおりとなります。

4月29日(金)昭和の日 9:00~13:00、14:00~17:00

4月30日(土)     9:00~13:00、14:00~17:00

5月1日(日) 休診日

5月2日(月) 平日の診療時間 9:00~13:00、15:00~19:30

5月3日(火) 憲法記念日 9:00~13:00、14:00~17:00

5月4日(水) みどりの日 9:00~13:00、14:00~17:00

5月5日(木) こどもの日 9:00~13:00、14:00~17:00

5月6日(金) 平日の診療時間 9:00~13:00、15:00~19:30

5月7日(土)         9:00~13:00、14:00~17:00

となっております。

終日予約優先制となっておりますので、診療ご希望の方はお早めにご予約ください。

尚、新型コロナウイルス感染対策として、祝日はスタッフの人数を調整して受付しております。

春の全国交通安全運動期間|相模原市みちた整骨院

2022年04月9日

こんにちは、相模原市で交通事故治療を行っております。

相模原みちた整骨院です。

皆様は令和4年4月6日~令和4年4月15日までの期間、春の全国交通安全運動期間となっているのをご存じだったでしょうか?

この全国交通安全運動は国民全員が交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としているそうです。

令和3年は交通事故から24時間以内に亡くなった方は、2636人と統計を取り始めた昭和23年以降で最も少ない人数となりましたが、未だに交通事故で亡くなる方は多く、その多くが歩行中の事故が原因だそうです。

今回の交通安全運動はそうした交通事故を減らすために交通安全対策の一環だそうです。

また、4月は入園、入学シーズンでもあり、幼児や児童の歩行中の交通事故が増える時期でもあるそうです。

横断歩道手前での一時停止や減速、通学路など最高速度30キロの区域では歩行者が多く交通事故が起こりやすいので、お車を運転される方はもちろん、自転車を運転される方も運転する際は細心の注意を払って運転をしてください。

また、令和4年4月10日は交通事故死ゼロの日になっています。

歩行者保護の意識を高めるとともに、他の車両にも思いやり譲り合いの精神で安全に車を運転してください。

現在みちた整骨院に交通事故治療で通院されている方の中にも横断歩道を横断中に車に衝突され負傷した患者様がいます。

事故後すぐはかなり体の痛みが強い状態でしたが、当院での治療を続けていくうちに少しづつ日常生活に戻ってきています。

交通事故は遭わないほうがいいですが、万が一交通事故に遭ってしまいけがをしてしまった場合はなるべく早期に治療を始めることが早期回復や後遺症のリスクを最小限に抑えることが出来ます。

事故直後はなんともなかったが時間が経ってから症状が出る方も多くいらっしゃいます。

相模原市みちた整骨院では交通事故の患者様を多く診ております。

歩行中に事故に遭ってしまった方や、事故から少し時間が経ってから症状が出てしまった方などいろいろな方を診ています。

万が一交通事故に遭ってしまったり、お知り合いの方が交通事故に遭ってしまったという方は一度相模原市みちた整骨院にご相談ください。

当院は整形外科や交通事故に詳しい弁護士とも連携しておりますので、安心して治療に専念できます。

 

みちた整骨院の交通事故治療に関してはこちら

神奈川県まん延防止等重点措置の解除を受けて

2022年03月22日

令和4年3月21日をもちまして、神奈川県に適用していたまん延防止等重点措置が解除になりました。

1月21日から2か月に及ぶ期間、まん延防止等重点措置が適用になっていました。

まん延防止等重点措置が適用中も解除後も、相模原みちた整骨院では、新型コロナウイルス感染拡大対策を徹底して行っております!

相模原みちた整骨院の新型コロナウイルス感染対策実施中

①予約優先制

②拭き取り消毒の実施、徹底

③消毒アルコールの設置

④空気循環の徹底

⑤スタッフの衛生管理

⑥スタッフの健康管理

以上をまん延防止等重点措置解除後も徹底して行ってまいります。

整骨院での施術は濃厚接触には該当いたしません。

また、整骨院での施術は濃厚接触には当たりません!

ご存知でしたか?

まん延防止等重点措置解除後も、スタッフ一同、感染拡大対策を徹底して行ってまいります。

3月21日春分の日の受付時間について

2022年03月20日

こんにちは、相模原市で交通事故治療、産後骨盤矯正、外反母趾治療を得意にしている相模原市みちた整骨院です。

令和4年3月21日(月)は春分の日で祝日ですね。

相模原市みちた整骨院は祝日も元気に受付しています!

祝日の診療受付時間は土曜日と同じで、

9:00~13:00、14:00~17:00

となっており、平日の受付時間とは異なるのでご注意ください。

春分の日は、太陽が赤道上にあり、昼と夜の長さが同じになると言われています。ただし、実際は厳密にいうと昼間の方が少しだけ長いそうです。

へぇ~ですね。

 

3月21日で神奈川県では、まん延防止等重点措置が解除されますね。

相模原みちた整骨院では、まん延防止等重点措置が解除されても引き続き感染拡大対策を徹底して行っていきます!

患者様の声(交通事故、むちうち)

2022年03月18日

こんにちは、交通事故治療むちうち治療を得意としております。

相模原市みちた整骨院です。

今回は交通事故に遭われてむちうちの症状が出てしまい当院に通院されていた患者様から、治療の感想を頂きましたので、皆様の参考になればと思いご紹介させていただきます。

 

症状:頸椎捻挫による首、肩の痛みと指先の痺れ

相模原市南区、70代男性

ご感想

追突受傷による頸椎捻挫で、首・肩に痛みが発症、さらに左手指先に痺れが出たため、みちた整骨院さんに治療をお願いすることに。(事故直後は整形外科で頸椎捻挫の診断を受けています)

電気治療を主義の組み合わせを続けた結果、痛みは和らぎ、指先の痺れも大きく改善し、日常生活に支障は無くなりました。

院長先生をはじめスタッフの皆様の会話は緊張を和らげ、リラックスして施術を受けることが出来ました。

ありがとうざいました。

 

この患者様は、信号待ちで停車中に後ろから追突され受傷された患者様です。

事故直後はむちうち症状による首の痛みと左手指先のしびれが出ていて救急車で搬送された整形外科では首のレントゲンを撮り、骨に問題はないとのことで頸椎捻挫との診断を受けたそうです。

その数日後に相模原みちた整骨院にご来院いただきました。

当院に来院された時も患者様ご自身での自覚症状としては首の痛みと左手指先の痺れだけでしたが、問診時に各種検査をさせていただいたところ右の肩関節にも痛みが出ていたことが発覚しました。

その後、整形外科にも右の肩関節捻挫の診断をしてもらいましたので、みちた整骨院でも頸椎捻挫(むちうち)と右の肩関節捻挫の治療、そして左手指先の痺れに対しても治療をしていきました。

頸椎捻挫(むちうち)と右の肩関節捻挫の治療は手技療法をメインで行い、左手指先のしびれに対しては、ハイボルテージという痛みやしびれなどの神経症状を落ち着かせる特殊な電気療法も組み合わせて治療をしていきました。

 

この患者様のように交通事故後の症状は整形外科のレントゲンなどの検査などでは異常が発見されない症状も多くあります。

その見逃されていた症状を放置してしまうと後遺症につながってしまうこともありえます。

相模原みちた整骨院では患者様のお体を直接触っての徒手検査と問診を重要視しておりますので、整形外科では発見されなかった症状も見逃すことなく治療をしていきます。

痺れや痛みはあるけどレントゲンに映らなかった症状がある方、整形外科では認めてもらえなった症状がある方は、是非一度相模原市みちた整骨院にご相談ください。

交通事故の詳しい説明はこちら

むちうちの詳しい説明はこちら

春の交通事故撲滅キャンペーン実施中|相模原市みちた整骨院

2022年03月8日

こんにちは、相模原市で交通事故治療外反母趾治療産後骨盤矯正を行っております。

相模原市みちた整骨院です。

3月は年度末になりますので、生活環境が変わったりする方も多いと思います。

生活環境が変わることで今までの生活リズムが変わって不規則な生活になってしまうことで気持ちが慌しくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

そんな3月は1年の中でも交通事故が多発する時期でもあるのです。

特に最近では花粉症の症状や薬で眠くなったすることも3月が交通事故が多い要因にもなっているといわれています。

そこで相模原市みちた整骨院では春の交通事故撲滅キャンペーンを実施しています。

ご来院された患者様に交通事故に気を付けてほしいという思いも込めて注意喚起のチラシを配布させていただいております。

このチラシには交通事故に遭わないように、そして交通事故を起こさないようにという注意喚起と、万が一交通事故に遭われてしまった場合の対応などが書いてありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

チラシにも書いてありますがみちた整骨院でも交通事故への治療が可能となっております。

病院や整形外科では診てもらえないような症状までしっかりと診させていただきます。

また、当院では病院、整形外科との上手なかかり方の説明、過失割合やお車の修理費、慰謝料でもめた際には交通事故対応に詳しい弁護士のご紹介もできます。

交通事故に遭ってしまい困っている方、周りで悩まれている方がいらっしゃいましたら一度相模原市みちた整骨院にご相談ください。

交通事故についての詳しいことはこちら

交通事故においての整骨院と整形外科との上手な通院のしかたはこちら

 

足の裏の痛み(足底筋膜炎・足底腱膜炎)

2022年03月4日

足底筋膜炎・足底腱膜炎治療をおこなっております。相模原みちた整骨院です。

 

皆様は足の裏や土踏まず、踵の痛みで困ったことはありませんか?

足の裏の痛みで一番多いのが、「足底腱膜炎足底筋膜炎」です。

足底腱膜・足底筋膜とは?

足の裏の踵(かかと)の骨から足の指の付け根までを、膜のように張っているのが足底筋膜(そくていきんまく)です。

足の骨はアーチ(弓)状になっているのですが、足底筋膜はそのアーチを弓の弦のようにピーンと張って支えています。

足底筋膜の中でも中央部の特に厚くなっているところが足底腱膜(そくていけんまく)です。

足底腱膜炎足底筋膜炎の症状

・朝起きての1歩目の痛みが強い

・歩いていると、段々痛みが強くなる

・土踏まずを押すと痛い

・ランニングすると痛くて走れない

など痛みは様々です。

足底腱膜炎・足底筋膜炎の原因

体重の増加

・歩きすぎ、立ちっぱなしなどの使いすぎ

・足裏の筋肉の緊張や老化によるアーチの低下

偏平足・指上げ足・開帳足

・足に合っていないを履いている

・悪い歩き方ランニングフォーム

距骨(足首)の歪み

など足底腱膜炎・足底筋膜炎になる原因は様々です。

足底腱膜炎・足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎になってしまってまずご自身でできることは、足をなるべく休ませてあげることです。

必要以上に歩いたり使ったりして足底筋膜にストレスをかけてしまうと症状が悪化してしまう可能性があります。

安静にするだけでも症状が落ち着いてくる可能性あるので、まずは安静を心がけてください。

また、足底筋膜炎は足の裏の筋肉(足底筋膜)が固いことで炎症が起きますが、

その場合はふくらはぎの筋肉も緊張して張った状態です。

そのため、ふくらはぎの筋肉のストレッチや足首の体操は効果的です

よく歩く方やランニングしている方は、靴紐を一回一回結び直すということも行ってみてください。

足と靴がよりフィットするので足への負担が減ります。

また、インソールを入れてサイズ調整をしたり、足にかかる荷重を分散したりするのもオススメです。

それでも痛みが改善されない場合は相模原みちた整骨院に診せてください。

 

相模原みちた整骨院では、足底筋膜炎に対して、痛みが強い状態のときはハイボルテージという痛みと炎症を素早く取っていき、痛みの根本から治すために深層筋調整や骨盤矯正を施術し足首の歪みをとっていく距骨調整を施していきます。

また、インソールの説明や詳しいセルフケアの方法をお伝えさせていただきます。

足底筋膜炎、足底腱膜炎でお悩みの方は一度相模原市みちた整骨院にご相談ください。

 

足底筋膜炎・足底腱膜炎についてはこちら

距骨調整についてはこちら

ハイボルテージ治療についてはこちら

感染症対策実施中|相模原市みちた整骨院

2022年03月2日

こんにちは、相模原市みちた整骨院です。

2022年2月末では、新型コロナウィルス感染症の新規陽性者数は全国平均では前の週と比べて減少傾向にはありますが、依然多くの方が罹患している現状です。

また2月17日にはステルスオミクロン「BA.2」と呼ばれる現在日本で流行しているオミクロン株の亜種の市中感染が東京で初めて確認されました。

このステルスオミクロン株はまだ国内では例が少なく特徴が明らかになっていませんが、デンマークの研究結果では、現在日本でも流行中のオミクロン株よりも感染力は強い可能性があるとされています。

しかし、基本的な対処方法としては今までのオミクロン株と同様にマスクの着用や3密を避ける等が大切になってくるとのことです。

特に現在流行中のオミクロン株はエアゾル感染が多いと言われておりますので、

これまで以上に換気が重要となります。

相模原市みちた整骨院ではステルスオミクロン株の対策も行ってまいります。

具体的には、

院内入口に消毒用アルコールの設置

施術後のベッド、枕のアルコールによるふき取り消毒の実施

整骨院内の換気の実施

スタッフの健康管理

を行ってまいります。

【患者様へのお願い】

ご来院とお帰りの際に手指消毒のご協力をお願いしております。

体調の優れない方(37.5度以上の発熱)の施術はご遠慮させて頂きます。

ご来院時に検温を実施しています。ご協力をお願いしております。

また、濃厚接触者に該当される患者様はご予約の延期をお願い致します。

※今後も国や行政の方針に沿って相模原の皆様の健康を担う医療従事者として、最大限の対応をさせていただきます。

患者様の声(交通事故 相模原市中央区 50代女性)

2022年03月2日

こんにちは、交通事故治療を行っております。

相模原市みちた整骨院です。

今回は交通事故治療で通院されていた患者様から治療の感想をいただいたので、

同じように交通事故に遭われて困っている方の参考になるようにご紹介させていただきます。

 

 

症状:交通事故 相模原市中央区 50代女性

ご感想

首がつらく病院で不満だったので伺いました。

とてもやさしく事故の対応や精神的にも良くして頂きました。

身体がつらくなくても通っていたいです。

 

この患者様は、自転車で交差点を走行中に右側から出てきた車に衝突され転倒後、救急車で総合病院へ搬送、レントゲンを撮り痛み止めを処方されそのまま帰宅したとのことです。

その後、近所の整形外科に行ったが同じようにレントゲン撮影痛み止めの処方電気治療をしたが良くならなかった為に当院を探して来院されました。

 

来院当初は首の痛み両方の肩から腕にかけての痛み腰の痛みと上半身全体に痛みが出ておりました。

相模原みちた整骨院では干渉波という電気治療に加え痛みが出ている首、肩、腰への手技療法中心に施術をしていきました。

その結果2カ月ほどの通院で痛みが緩和してきはじめ、4カ月の通院で完全に痛みが取れたので終了となりました。

 

この患者様のように交通事故に遭ってしまい整形外科に通っているが、飲み薬・貼薬の処方だけで、あまり症状に変化が出ないといってご来院される方は多くいらっしゃいます。

では、なぜ整形外科ではあまり変化が出ないのかという理由を説明させていただきます。

そもそも交通事故治療においては整形外科と整骨院では担っている役割が違います。

 

整形外科での主な役割としては

・レントゲンやMRIなどによる精密検査

・痛み止めや湿布などの処方

・診断書の作成

・骨折などの大きな怪我の手術

等が主な役割となっております。

 

整骨院での主な役割は

・手技による症状の緩和

・レントゲンやMRIでは判断がしづらい症状の発見

・最新の医療機器による痛みやしびれの緩和

等があります。

 

また整骨院では夜遅くまで診療受付をしていたり、予約制をとっていて待ち時間が少なく通いやすいという便利な点もあります。

このように整形外科と整骨院ではそれぞれに得意分野がありますので、

整形外科だけ、整骨院だけに通うより、整形外科と整骨院の両方に通いながら交通事故治療をしていくことが患者様にとって一番メリットがあると思います

 

相模原みちた整骨院では交通事故に詳しい弁護士を紹介できたり、交通事故治療を多く行っている整形外科を紹介もできますので

交通事故に遭ってつらい思いをしている方や、整形外科に通っているがあまり変化がないという方は一度、相模原みちた整骨院にご相談ください。

 

交通事故治療に関して詳しいことはこちら

整形外科と整骨院の正しい通い方についいてはこちら


1 2 3 4 5 8