脊柱管狭窄症

  • 整形外科で脊柱管狭窄症と診断された
  • 手術が必要いわれたが手術したくない
  • 脊柱管狭窄症であるが、注射や投薬治療をしたくない
  • 脊柱管狭窄症と診断されたが手術の必要はなく様子見だ
  • 歩いていると脚やお尻に痛みやだるさが出て長い距離を歩けない

脊柱管狭窄症とは?|相模原市みちた整骨院

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊髄が通る脊柱管が変性したり変形したりすることで、脊柱管が狭くなった(狭窄)ために神経を圧迫した状態の事です。

この状態は必ずしも足に痺れがあるというわけではなく、腰痛や脚の痛みや重だるさなどの症状の場合や症状自体があまり発症していないという場合もあります。

脊柱管狭窄症は手術しないと良くならないと思われていますが、症状が軽度の場合は相模原市みちた整骨院の独自の施術によって症状を緩和する事が可能です。

脊柱管狭窄症の原因|相模原市みちた整骨院

腰部脊柱管狭窄症の原因としては、加齢による骨や靭帯などの変性によって脊柱管が狭窄する場合や腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などに続いて脊柱管狭窄症を発症することもあります。

腰椎は上半身の重みを背骨一本で支えています。日常生活での姿勢の悪さ、腰をかがめての作業など、腰に過度の負担をかける事で腰椎は変形して、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの腰椎が変形してしまいます。腰椎が変形することで、脊柱管を狭窄してしまい、神経を圧迫し症状が出てしまいます。

この場合は日常生活のお身体の使い方や姿勢の問題があります。

狭窄してしまった脊柱管を広げることは手術しか出来ませんが、腰椎にかかる負担を減らすことで脊柱管狭窄症の症状を緩和させることは可能です。

みちた整骨院の脊柱管狭窄症の施術の特徴

脊柱管狭窄症では、狭窄した脊柱管を元の状態に戻すことはどのような治療でも難しいです。手術によって圧迫した神経を圧迫から解放することは可能ですが、変形したものは治ることはありません。変形した腰椎への負担を減らすことで、神経への血流を良くなるような施術をしていく事が大事なのです。腰椎の負担を減らすために、腰椎や腰椎付近についている身体の奥にある筋肉をアプローチ(深層筋マッサージ)する事や骨格や骨盤を矯正します。深層筋調整や骨盤矯正を行うと正しい姿勢を保てるようになり、腰椎への負担も軽減します。

病院や整形外科で脊柱管狭窄症と診断され手術を勧められると、脊柱管狭窄症は手術でしか治らないと思われている患者様も多数いらっしゃいますが、相模原市みちた整骨院では腰椎や腰部への負担を減らすことで脊柱管狭窄症の症状を緩和させるお身体づくりを提供しております。

相模原市みちた整骨院の独自治療である、深層筋調整×骨格・骨盤矯正については、こちらをクリックしてください。